--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初のドラマレビュー(しかも国内)させて頂きます^^
普段、国内テレビドラマにはほぼ興味の無い(恋愛ドラマばかりなんで)私ですが、コレは国内テレビドラマには珍しく大規模なテロを扱ったドラマ(しかもゴールデン枠)。
私、テロ映画に目が無いので観させて頂きました…リアルタイムにではなく録画ですが^^;

bm01
↑クリックすると公式HPへ飛びます。

- ストーリー -
クリスマスイブの夜、極寒の地・ロシアでは、あるウイルス取引が成立していた…。
密売組織の男から殺人ウイルスを手に入れた女・マヤ。彼女の目的は日本でウイルステロを起こす事だった。
計画のキーワードは「ブラッディ・マンデイ」。そして日本にやってきた女は、自分を追ってきたロシアの諜報員を射殺し、行方をくらましてしまう。
捜査に乗り出した警察庁の秘密部隊「サードアイ」は、諜報員が残した暗号の解析のため、弥代学院高等部に通う高木藤丸(三浦春馬)に、ロシア軍用施設のコンピューターへのハッキングを依頼する。藤丸は、見た目はごく普通の高校生だが実は"ファルコン"と呼ばれる天才ハッカー。これまでも高度のハッキング技術で数々の不正を暴いていたのだ。苦闘しながらもあるファイルのダウンロードに成功する藤丸。その謎のファイルに隠されていた真実とは・・・。そんな藤丸の前に、女・折原マヤ(吉瀬美智子)が弥代学院の教師として姿を現し…。(公式HPより抜粋)

※各レビューの「」の見方
★☆☆☆☆=アイタタタ…とてもオススメできません…
★★☆☆☆=ビミョ~…好きな方が出てない限りはやめといたほうが…
★★★☆☆=可もなく不可も無く…つまり普通
★★★★☆=なかなか良いんじゃないの?オススメできるレベル
★★★★★=最高!観て損ナシ!!

- 率直な感想 -
さすがドラマ…続きが気になる>< てか漫画本買ってこよっと 笑

- ネタバレ無し感想 ★★★★☆ -
国内ドラマとしては珍しくバイオテロを扱った本作品、ちなみに原作は漫画(現在も連載中)らしいですが私は未読です。
なのでCM観ただけの予備知識で鑑賞させて頂きましたが、洋画や海外ドラマ等でこの手の作品を観漁ってる私から偉そうなことを言わせて頂くと、中々頑張っます…ややツッコミ所があるっちゃぁありますが、十分面白かったです^^
原作漫画がまだ連載中ということなので、ドラマではどこまで作って放送されるのか気になる所ですが…「踊る大走査線」や「アンフェア」や「相棒」のように「ブラッディ・マンデイ -the movie-」やって欲しいですね(←気が早い? 笑)

~ この映画はこんな方にオススメ! ~
・恋愛ドラマばかりの国内ドラマに飽き飽きしていた方
・バイオテロ物に目が無い方
・「24 -Twenty Four-」シリーズが好きな方
・「どんでん返し物」が好きな方
・イケメンが好きな方
・女教師の誘惑に目が無い方
・「警察、政府の秘密機関」に目が無い方
続きを読むにはココをクリック! ≫
スポンサーサイト
10/03/2008    ミスト
既に季節は秋なのに何故か到来した自分的ホラーブーム^^;
そんな中からコチラをレビューさせて頂きます…てかこれホラーなのかな?^^;
あんまり細かく言うと早くもネタバレしてしまいそうだ 笑

ミストミスト
(2008/09/17)
トーマス・ジェーンマーシャ・ゲイ・ハーデン

商品詳細を見る


- ストーリー -
のどかな田舎町を襲った激しい嵐の翌日、デヴィッドは湖の向こう岸に発生した異様に深い霧に懸念を抱きながら息子と共にスーパーマーケットへ買い出しに出掛けた。するとやはり、その濃い霧は間もなく買い物客でごった返すマーケットに迫り、ついには町全体を飲み込むように覆っていく。人々がマーケットに缶詰状態となる中、霧の中に潜む不気味な触手生物を発見するデヴィッド。彼を信じた者たちはただちに店のバリケードを作り始め、武器になる物もかき集める。その一方、骨董品店の女主人カーモディは狂信めいた発言で人々の不安を煽ってしまう。そして夜、突如として霧の中の生物たちが襲撃を開始、店内は大混乱となるのだが…。(allcinemaさんより抜粋)

※レビューの「」の見方
★☆☆☆☆=アイタタタ…とてもオススメできません…
★★☆☆☆=ビミョ~…好きな方が出てない限りはやめといたほうが…
★★★☆☆=可もなく不可も無く…つまり普通
★★★★☆=なかなか良いんじゃないの?オススメできるレベル
★★★★★=最高!観て損ナシ!!

- 率直な感想 -
えぇ~…ま、まぁとりあえずこの後どうなるのか観たい><

- ネタバレ無し感想 ★★★★☆ -
「映画史上かつてない、震撼のラスト15分」…とまぁ、大抵がガッカリ評価へ導いてしまう宣伝文句が付いちゃってるのですが…ある意味、いや色んな意味で震撼、衝撃のラストになっております^^;
良い所を挙げると、人間vs謎の生物、人間vs人間の二通りの戦いが観れます…詳しくは言いませんが^^
悪い所を挙げると、やはり震撼のラストでしょうか^^;
前半~後半にかけては素晴らしい出来だと私は思います。霧の中に何がいるんだ?というドキドキ感と、その中にいる生物達とのバトル…ミステリー、SF、ホラーと色々な要素がありとても楽しめます…で、震撼のラスト…とりあえず「震撼」出来ます^^;;

~ この映画はこんな方にオススメ! ~
・モンスターパニック物が好きな方
・「スティーブン・キング」に反応してしまう方
・一緒に怯えたい方
・ドキドキしたい方
・怪物よりも怖い物を観たい方
・ありきたりな「ハリウッド映画」に飽き気味な方
・ラストに震撼したい方
- 予告編 -

以下ネタバレあり注意!
続きを読むにはココをクリック! ≫
やっとクリアしましたこのゲーム、なかなか面白かったのでレビューさせて頂きます…コレのせいで最近映画観てないや…ヤバイヤバイ^^;
映画以外の初のレビュー…ゲームやらない人、このゲーム知らない人には何言ってるのか分からない箇所多数だと思いますのでご注意下さい^^;

そして、すごい区分分けして長文記事作成したのに保存忘れてて、ブラウザが強制終了食らい記事が全消えし心が折れたのでかなり短くなっております…俺の数時間返せッ! 。・゚・(ノДT)・゚・。

インフィニット アンディスカバリー(特典なし)インフィニット アンディスカバリー(特典なし)
(2008/09/11)
Xbox 360

商品詳細を見る


- 予告編 -



↓今回はネタバレ無しでお送り致します。↓
続きを読むにはココをクリック! ≫
09/18/2008    ヒットマン
この映画が発表され、そしてTVCMで予告編を観て気になって気になって「劇場行けばよかった…」とレンタルされるのを首を長くして待ってた本作。
やっと観たので私的レビューさせて頂きます^^

ヒットマン 完全無修正版ヒットマン 完全無修正版
(2008/09/03)
ティモシー・オリファントオルガ・キュリレンコ

商品詳細を見る


- ストーリー -

全てが謎に包まれた冷血非情な暗殺者、エージェント47。彼は、新たなターゲットであるロシア大物政治家ミカイル・ベリコフを鮮やかに狙撃する。しかし、ほどなくそれが罠だったことを知る。やがて彼は事件の鍵を握る謎の娼婦ニカと出会う。陰謀の首謀者を突き止めるため、ニカを連れて復讐に乗り出した47だったが…。

※レビューの「★」の見方
★☆☆☆☆=アイタタタ…とてもオススメできません…
★★☆☆☆=ビミョ~…好きな方が出てない限りはやめといたほうが…
★★★☆☆=可もなく不可も無く…つまり普通
★★★★☆=なかなか良いんじゃないの?オススメできるレベル
★★★★★=最高!観て損ナシ!!

- 率直な感想 -
さすが殺し屋…容赦なさすぎ!

- ネタバレ無し感想 ★★★★☆ -
原作は同タイトルの洋ゲー(海外のゲーム。主にアメリカ産のゲームを指す時に使う)なんですが、ストーリーはこの映画の為のオリジナル。
このゲーム、一作目(数年前)と最新作(数ヶ月前)にちょっとプレイした(未クリア)のですが、まずこのゲームをやったことがある人誰もが思うであろうこと…

主人公、ゲーム版に似すぎ(ビジュアル)^^;

これ最初見た時ちょっと笑っちゃいました…ここまで似せるかと 笑
若干、映画の主人公は若作りですが…まぁゲームのようにオッサンぽくするよりはいいかな?

でもさすがに話の展開までゲーム版に忠実すぎると、淡々と暗殺する映画になっちゃう(遠距離狙撃、背後に忍び寄りワイヤーで首絞め等々…)ので特殊部隊や他の殺し屋達と激しいバトルシーンなんかもあり(てかアクションシーン多いです)飽きさせない内容になってます。まぁゲーム版もヘタな人がやるとすぐ敵に見つかって激しい銃撃戦になるんですけどね(私がそうでした 笑)。
そして、ゲーム版には絶対に無い要素「美女」が出てきてストーリーに絡みまくります。
あの冷酷非道なヒットマンが美女に振り回さてしまうのか?どうなのよ!?

リュック・ベッソンの名作「レオン」の現代版との呼び声高く…とはよく言ったもので、重なる部分なんかを探しつつ観るのも面白いかも^^

~ この映画はこんな方にオススメ! ~
・ゲーム版のファンの方
・激しいアクションのある映画が好きな方
・格闘シーンが好きな方
・銃撃戦が好きな方
・主人公が強すぎる&賢すぎる映画が好きな方
・たまには主人公が冷酷非道な映画を観たい方
・美女の素っ裸が見たい&誘惑されたい方

- 予告編 -



※ここから先はネタバレ有りです。
続きを読むにはココをクリック! ≫

「地球が静止する日」 12月19日 劇場公開予定


※音量は動画右下の右から二番目のアイコンで調整可能。
※↓↓をクリックするとこの予告編のちょっとした感想が表示されます。
続きを読むにはココをクリック! ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。