--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/03/2008    ジャンパー
記念すべき1作目は、ちょっと前にDVDで観て面白かった「ジャンパー」をレビュー。
今レンタル屋に行けば1棚ギッシリ並んでるような人気作。もう観た人も多いかな?

ジャンパー (特別編)ジャンパー (特別編)
(2008/07/23)
ヘイデン・クリステンセンサミュエル・L・ジャクソン

商品詳細を見る


- ストーリー -
ミシガン州で育ったデヴィッドは、同級生のミリーに思いを寄せる、ごく普通の高校生だった。しかし、川で溺れそうになったとき、彼は自分に備わった途方もない“才能”に気づくことになる。冷たい川底から一瞬にして、図書館へと“ジャンプ”していたのだ! 
 
 母が家を出て以来、人が変わってしまった父との生活にうんざりしていたデヴィッドは、1人ニューヨークへと向かった。15歳の彼が生きていくため次に瞬間移動したのは、銀行の金庫室だった。まんまと大金をせしめたデヴィッドだが、その存在に気づいた男がいた。“ジャンパー”を悪とみなし、彼らの抹殺を使命とする組織、“パラディン”のローランドである。
 
 10年後、デヴィッドはニューヨークからロンドンへ、オーストラリアの海へ、東京の繁華街へ、エジプトのスフィンクスへと飛び回り、“ジャンパー”の特権を謳歌していた。しかし、孤独だった。そんなとき、ミリーと再会を果たし、ローマでのデートに誘うデヴィッド。楽しいひとときを過ごした二人の前に、グリフィンという青年が現れる。彼もまた、“ジャンパー”の一人だったのだ。戸惑うデヴィッドは“パラディン”たちの襲撃に遭い、“ジャンパー”の宿命、そして母が秘めていた重大な秘密を知る……。 
(公式HPより抜粋)

※レビューの「★」の見方
★☆☆☆☆=アイタタタ…とてもオススメできません…
★★☆☆☆=ビミョ~…好きな方が出てない限りはやめといたほうが…
★★★☆☆=可もなく不可も無く…つまり普通
★★★★☆=なかなか良いんじゃないの?オススメできるレベル
★★★★★=最高!観て損ナシ!!

- スタッフ&キャスト -
監督
 ダグ・リーマン
「ボーン・アイデンティティー」「Mr.&Mrs.スミス」
原作
 スティーヴン・グールド
「ジャンパー -跳ぶ少年-」「ジャンパー -グリフィンの物語-」

出演
 ヘイデン・クリステンセン (デヴィット・ライス役)
スターウォーズ エピソード2と3のアナキン役で一躍有名に。
 サミュエル・L・ジャクソン (ローランド・コックス役)
脇役をやらせたら世界トップクラス。代表作多数だが「ディープ・ブルー」では前半でサメに喰われるという荒業を見せる。
 ジェイミー・ベル (グリフィン・オコナー役)
本作ではコイツが一番好き。「リトル・ダンサー」の主役で踊ってたあの少年らしいです!
 レイチェル・ビルソン (ミリー・ハリス役)
「The OC」のサマー役のコらしい。私は知らないが可愛いんでOK
 アナソフィア・ロブ (ミリー・ハリス(高校時代)役)
「チャーリーとチョコレート工場」「リーピング」「テラビシアにかける橋」など多数出演の14歳。将来絶対綺麗になるから要チェックや!

- 率直な感想 -
羨ましい!(色々と)

- 俺的レビュー -
 ストーリー ★★★☆☆

ジャンプへの憧れ、これに尽きます。ストーリーというか題材ですが。
「インビジブル(ケビン・ベーコンのやつ)」を観た時の透明人間への憧れに似てるかな?
なんか酷評が多いらしいが、正直「ジャンプ」にばかり目が行っちゃうので全く気にならず.。
難しいこと抜きにして観れば普通に楽しめるお話だったと思います。
パラディンって、ジャンパーの存在をを許さないって何か嫌だねぇ・・・別にいいじゃんか。
パラディンにジャンパー追わせるより、悪のジャンパーでも出してジャンプしまくりで戦ってくれたほうが楽しかったかも。
実際デヴィットとグリフィンがジャンプしまくって追いかけっこするシーンはなかなか良かったんで。

 キャラ ★★★★☆
主人公はなんかパッとしなくてすごく微妙。他に言い様が無いくらい微妙な存在w
ヒロインは高校時代も現在もすごく可愛い。今後チェック入れよっと・・・
ローランドは・・・ジャンパーが凄すぎるので強さがイマイチ伝わらないかな・・・相当強いんだろうけど。でも真っ白な頭がカッコイイス!
もう一人のジャンパー・グリフィンが主人公と違ってとてもいい味出してますね。
子供の目の前でわざと「わっ!」って脅かしてジャンプするとこが好き。
彼の隠れ家でのローランドとの戦闘シーンの連続ジャンプアタック?
アレカッコよすぎ^^
主人公もアレ位やって欲しいもんだ。

・・・チェチェンでデヴィットに置いてかれた後どうなったのかすごく気になる・・・


 音楽&効果音 ★★★☆☆
音楽に関しては、心に残る曲は皆無・・・てかジャンプジャンプで
音楽に気が全然行きませんでした。まぁ普通そんなもんか・・・
効果音はジャンプ時の「ヴゥーーン!」って音がカッコイイ!ウーファーがいい感じに響きます。
贅沢を言えばDTS音声を収録して欲しかったかな。あったらジャンプの度に凄い音だったのに。
・・・って、今調べたらBlu-ray版だけDTS収録されてる!・・・買ってこようかな。

 ラスト ★★★☆☆
もうちょっと長くこの映画を観たかったな・・・というのが率直な感想。
あ、ここで終わっちゃうんだと少し残念でした。
もうちょっと平和っぽいシーンをだらだら続けて、どうやってか戻ってきたローランドと
最終決戦!とか期待したんですが・・・さすがにアレじゃ戻れないか。

先日、本屋でジャンパーの小説版があって映画見た後だったんで
小説読まないくせにとりあえず手に取ろうとしたら
その隣りに「ジャンパー -グリフィンの物語-」なんて本を発見!
パラディンに両親を殺され、追跡をかわしながらの逃走劇らしく
途中でできる友人、親友、愛する人、母親代わり等々とのエピソードを交えつつ
逞しくなっていくグリフィン少年のお話らしいです。
監督。是非、是非映画化して下さい。今流行のスピンオフっすよ。

DVD版  Blu-ray版
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://112291.blog105.fc2.com/tb.php/1-0304b11f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。