--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※↓のDVD画像は「ドキュメントDVD(本編ではありません)」です。
原作漫画の大ファンなんですが、映画にできんのかよこれ・・・と観ようか迷ってたんですが友人に「みんなで見に行くんで行こうよ~」と誘われたので渋々観てきました。
ホント渋々…公開初日の朝1発目(9:50開始)から 笑

デトロイト・メタル・シティドキュメントDVD 松山ケンイチ×クラウザーII世×根岸崇一デトロイト・メタル・シティドキュメントDVD 松山ケンイチ×クラウザーII世×根岸崇一
(2008/08/08)
松山ケンイチ加藤ローサ

商品詳細を見る


- ストーリー -
オシャレな渋谷系ミュージシャンを夢見て大分の田舎から上京してきた純情青年、根岸崇一。ところがふと気づくと、事務所の豪腕女社長によって悪魔系デスメタルバンド“デトロイト・メタル・シティ(DMC)”のギターボーカル“ヨハネ・クラウザーII世”としてデビューさせられていた。根岸は、オシャレとポップソングが好きな憧れの女性・相川さんにバレないようひた隠すが、DMCのデビュー・シングル『SATSUGAI』は予想外の大ヒットとなり、根岸の思いとは裏腹にクラウザーさんはどんどんカリスマへの道を突き進んでしまい…。(allcinemaさんより抜粋)

※レビューの「★」の見方
★☆☆☆☆=アイタタタ…とてもオススメできません…
★★☆☆☆=ビミョ~…好きな方が出てない限りはやめといたほうが…
★★★☆☆=可もなく不可も無く…つまり普通
★★★★☆=なかなか良いんじゃないの?オススメできるレベル
★★★★★=最高!観て損ナシ!!
- スタッフ&キャスト -
監督
 李闘士男
「お父さんのバックドロップ」「学校の怪談 呪いスペシャル」

原作
 若杉公徳
デビュー作?

出演
 松山ケンイチ(根岸崇一=ヨハネ・クラウザーII世)
「DEATH NOTEシリーズ」「男たちの大和/YAMATO」「人のセックスを笑うな」

 加藤ローサ(相川由利)
「スマイル 聖夜の奇跡」「アンフェア the movie」「キャッチ ア ウェーブ」

 松雪泰子(デスレコーズ社長)
「フラガール」「アナザヘヴン」「救命病棟24時」

- 率直な感想 -
GO TO D・M・C!!!(←ファン(信者)が同名バンドを崇拝する時の掛け声)

- 俺的レビュー -
 ストーリー ★★★☆☆

原作漫画は大体が1話完結の話が多いので完全再現は無理だとは予想してましたが、色々な形で各話のクラウザーさん&根岸崇一の、ファンには堪らない伝説(笑)が挿入されていて、とてもテンポが良かったです。そして挿入されている伝説はほぼ完全再現です 笑
どの話のどこが挿入されているかは劇場に行って観てのお楽しみということで。原作ファンなら「アレか!!」と絶対気づいちゃいます 笑
D・M・Cファン層には朝1回目はキツいのか、劇場はガラガラでした…朝イチは信者のみ集まってるような気がします 笑
そのせいか、みなさん手加減なく大笑いしておりました。私も含め 笑
後ろのカップルの女性が笑いすぎてヒィヒィいってました…大丈夫だったかな?^^;
原作は1話完結メイン&まだ終わってないということもあり、色々な爆笑伝説をつなぎ合わせて映画オリジナルのオチを付けていますので、もしこれから映画を見に行くという方がいましたら
必ず原作漫画を読破してから見る
ことをオススメします。
↑のこともあり、原作を知っちゃったから映画のオチが分かっちゃってつまらなくなった…ということはまず無いんで^^
ただ1つ2つ違う所がありますが…この映画オリジナルの感動できる所なのでご愛嬌ってことで^^
要するに、「NO MUSIC、NO DREAM!」でございます 笑

キャラ ★★★★★
良いのか悪いのか…原作に忠実すぎます^^;
松山ケンイチが凄すぎる…クラウザーさん姿が原作を凌駕する怖さに仕上がってます 笑

dmc01.jpg

演技も強烈…ある意味デスノートの「L」よりも強烈です 笑
まぁクラウザーさん時のライブの時の歌声はさすがに違いますが…アレを松山ケンイチ本人が歌えてたらそれはもう「メタルゴッド」です 笑
あとライブの時以外の通常の喋りもたまに違う人になってたかな?ダミ声全開の時とか…あの声、松山ケンイチ自身の声なのかな?ちょっと分かりません^^;
根岸崇一の原作通りのキモさもしっかりと演じられててさすがって感じでした 笑
そして、一番すげぇと思ったのが松雪泰子!
他の出演作は、頭のキレるクールな、カッコイイ女性役の印象が私的にはある(フラガールではハジけてるらしいですが・・・未見)のですが…よくこの役を引き受けたな…とちょっと尊敬しました。でも本人曰く「今年一番の思い出です♪」らしいです 笑
原作通りの「品」とはかけ離れた、狂気の女社長を見事に再現していました…「ファ○ク!」は連発するわ「そんなんじゃアタシの股間は濡れねぇんだよ!」とか言っちゃうわすぐに根岸に根性ヤキするわ 笑
松雪泰子のイメージが…おそらく彼女は、今後この役より過激な役を演じることは一生無いでしょう 笑
ジャギ様()和田君)の社長にヘコヘコする様も完全再現。でもちょっと浮いてたかな…?
カミュ(西田君)はお笑い芸人「ロバート」の秋山竜次が演じているのですが、キモさがよく再現されてました。セリフが「ブル○」関連しかなくて笑った^^;
D・M・Cライブにいつも居る信者の方々も、おバカな事に超真剣で笑えます 笑
アサトヒデタカは原作以上にウザくなってます。
MC鬼刃、ニナ(金○ガールズ)のニナもちょい役で出演してます。
○玉ガールズのライブシーンがちょっとあるのですが、曲的には一般ウケしそうないい曲でしたが…歌詞がアウト 笑
宮崎美子が崇一の母役で出てるのですが、唯一この映画の良心でした 笑
崇一の弟もいい味出してました。原作通りの愚弟っぷり 笑
よくこの映画にこんな良心的な役で出たなと関心^^;
そして、知ってる人なら誰もが「マジで!?」と驚く
ジャック・イル・ダーク役のジーン・シモンズ (←勝手にリンクが貼られる位有名 笑)
デトロイト・メタル・シティの顔の白いメイク&漫画タイトル(KISSの曲にデトロイト・ロック・シティてのがある)にも影響を与えた超有名な海外のロックバンド「KISS」のベーシスト兼リードボーカルをやっている方です。ホンマモンの大御所です 笑
劇中で1曲ギターを弾きながら歌うのですが…やはりカッコいいです。ファンなら見ておくべきかと^^
クラウザーさんとの”対バン”シーンは鳥肌モノ 笑
まぁ、松雪泰子同様…よく引き受けたなというのが一番大きいですが 笑
ちなみにあの日本語が達者な、超有名バンド「Megadeth]の元ギタリスト、マーティ・フリードマンもちょこっと出てます。
あと・・・、サジくんは原作よりカッコいいです 笑
しげみもメタルバッファローも出てます 笑

唯一ガッカリしたのが、グリとグラ…見れば一発で分かります 笑

音楽&効果音 ★★★★★
楽曲はどれも本気で作られていて、どれもCDになっている程の完成度です。カッコいい曲やオシャレ?な曲も。でもカッコイイ曲はほとんどが歌詞は放送禁止な感じです 笑
ぶっちゃけ、「デスメタル」と言うよりはミクスチャーですが…まぁカッコいいんで良し。てかマジでデスメタルにしたらお客が引いちゃうし^^;
オシャレでポップな曲には、カジヒデキも歌提供&出ちゃってます 笑
とにかくライブシーンが迫力!根岸崇一のポップで客の居ない路上ライブとは対照的です 笑
CDにもなっていますので、カラオケで歌う信者が増えるんだろうな~とちと嬉しい^^
でもカラオケだと歌詞が過激だから表示制限されちゃってるらしいです(全部?全機種?笑)

ラスト ★★★★☆
賛否両論がありそうな原作とは違う展開の一番の部分だと思いますが、映画版を完結させるためのオリジナルだと割り切ればまぁいいんじゃないでしょうか?^^;
あのラストの後、続編で映画化して頂きたい。興行収入が振るえば続編作ってくれそう?是非お願いします!^^

~ この映画はこんな方にオススメ! ~
・原作漫画が大好きな方
・最近、笑ってない方
・くだらない事に真剣な…「キサラギ」が好きな方
・松山ケンイチのファンの方
・松雪泰子の新境地を見てみたい方
・バンドマンが活躍する映画が好きな方
・おバカなノリが好きな方
・放送禁止用語が聞きたい方
・「KISS」のファンの方

- 番外編 -
こんな方は見ちゃダメ!
・お子様連れの方(原作漫画同様、子供さんに見せちゃダメ!高校生位ならOK?)
・付き合う前のカップル(原作のファン同士ならOK)
・下ネタが嫌いな方
・PTAの方

 - 予告編 -



 - 主題歌 原作コミック達 -

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://112291.blog105.fc2.com/tb.php/19-9617a4d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。